役に立ちそうな情報を様々発信

【ドミノピザ】水曜限定1枚買ったら2枚無料のキャンペーンについて考察する

HIRO
WRITER
 



無料で見れるサービスもありますが、気付かずにウイルスが仕込まれていることなどがあり危険!こちらはDMMが運営しているので安全・安心!



無料で見れるサービスもありますが、気付かずにウイルスが仕込まれていることなどがあり危険!こちらはDMMが運営しているので安全・安心!
この記事を書いている人 - WRITER -
HIRO
30代前半のサラリーマンです。 人生楽しく生きる為に、文章を書くのが好きだったのでブログを始めました。 目指しているのはめっちゃニッチな情報を検索したときにヒットするブログです。 生い立ちなどの詳しいプロフィールはこちら!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

先日自宅にこんなチラシが入ってました。

よくやってる2枚目無料のやつね、お得でいいよねー!なんて思って見てたら、

え!?2枚無料!?

 

1枚買ったら2枚無料!?

 

安すぎじゃん。

 

この施策には何か裏がある(悪い意味ではなく企業の戦略として)のではと思い勝手に考察してみました。

2019年6月限定で50%還元!?
dデリバリーにエントリー&初めての注文で

最大1,500ポイントが還元されるキャンペーンを行っています!

dデリバリーに登録しキャンペーンにエントリーが必須です!



ポイントを最大にもらうには
ドミノピザで3,000円以上の注文をしましょう!

7月10-19日に1,500ポイントが付与され、8月31日まで利用できます!

*水曜の1枚買ったら2枚無料のキャンペーンとは併用できません

ドミノピザはどんな会社?

全国にあるドミノピザですが、どんな会社か調べてみました。ちなみに、北海道に住んでいた私は知らなかったです…北海道には店舗がないようですね。

株式会社ドミノ・ピザ ジャパン
創業 1985年9月
設立 2011年7月
売上 414億円(2018年6月期)
正社員 500名
アルバイト 8,000名(2018年12月現在)
ドミノ・ピザ ジャパン 公式HPより

1985年9月30日、東京恵比寿に日本で初めての宅配ピザ、ドミノ・ピザ恵比寿店の誕生です。
ドミノ・ピザ ジャパン 公式HPより

約30年前に日本には上陸しているようですが、最初は1960年にアメリカミシガン州で誕生したようです。

「30分を超えた場合は50セント引き」というシステムがアメリカでたくさんの支持を集めました。
ドミノ・ピザ ジャパン 公式HPより

私もピザを頼むならドミノピザ派なのですが、宅配が遅くなったら次回使えるクーポンをもらったような記憶があります。

このような施策がウケてアジア・ヨーロッパ・オーストラリアなど世界中で人気を博しているようです。

各店舗の平均売上は?

公式ホームページによると
2018年6月期の売上高は414億円、店舗数は2018年12月で550店舗だそうです。6月から12月までの間に店舗は増えていると思いますが細かくはわからないので、平均すると1店舗あたり7530万/年(20万/日)程の売上があるようです。

営業時間は店舗により異なるようですが、11:00〜27:00の16時間フルで営業している店舗もあれば、11:00~23:00の12時間の店舗もあるようなので、平均14時間で考えると1時間14,000円程の売り上げですね。

ただ、全時間帯満遍なく売れるわけでもなく、時期や曜日によっても波があることが想像されます。

当然夕方~夜がピークで、平日よりも土日の方が売上はあるでしょう。

スポンサーリンク

ピザの原価は?

そのような前置きをした上で、少しずつ本題に近づいていきます。
次はピザの原価についてですが飲食店は原価30%が限界と言われているので、仮に1枚2600円のピザであれば約800円になります。

ただし、宅配ピザなのでデリバリーコストも含めて原価として考える必要があるとすると…デリバリースタッフの時給は地域により大きく差がありますが、780円(沖縄)~1250円(都内)程です。仮に1000円とした場合、1枚のピザを配達する際にかかる時間(準備や帰り道も含める)は30分程度は最低でかかると見越して、配達コストは500円と計算してみます。

つまり、ピザ1枚2,600円はピザの原価300円・デリバリーコスト500円・粗利1800円と仮定してみます。

店頭受け取りのメリット

ドミノピザでは店頭に受け取りに行くと1枚買ったらもう1枚無料のキャンペーンをやっています。これはもちろん私たち消費者にもメリットがありますが、お店もデリバリーコストの500円を払うよりもピザの原価300円の方が安いので、配達するよりも利益が出るということで納得ができます。

☑デリバリーの場合  ピザ1枚2600円-1枚分の原価300円-デリバリーコスト500円=粗利1,800円
☑店頭受け取りの場合 ピザ1枚2600円-2枚分の原価600円=粗利2,000円

水曜限定1枚買ったら2枚無料のキャンペーンの概要

ところが、今回のキャンペーンは違っていました。水曜限定で1枚デリバリーを頼むと2枚無料、つまり1枚の値段で3枚デリバリーされるのです。

ピザ1枚2600円-3枚分の原価900円-デリバリーコスト500円=粗利1,200円

相当粗利を削ってまでもこのキャンペーンを行う理由は何なのか?(ようやく本題に入ることが出来ました…)

このキャンペーンを行う理由は?

大胆なキャンペーンですが、これを行う理由は何があるのか推測してみました。

現金が足りない

飲食業は現金商売です。ドミノピザ程の規模ではイメージしにくいですが、例えば近所の居酒屋を想像してみて下さい。

料理の仕込みをしておくので当然原価が既にかかっている状態です。1日10万円の売り上げを見越して仕込んでいたものが、実際はお客さんが少なく3万円の売り上げしかなかったとします。

日によって差はあるにしろ、ロス分が増えてしまうと仕入れたお金を払えなくなってしまいお店は潰れてしまいます。

まぁ、この可能性は少ないのではないかと思います。

お金つながりで考えると決算前にセールを行い売り上げを目標に合わせるということもありますが、ドミノピザは6月決算なので時期的にこちらも違うと思われます。

水曜にデリバリーを集中させる意図がある

労働人口の減少により人手不足が騒がれていますが、それに対する対策なのではないかと想像しました。

土日はある程度デリバリーがあると仮定しても、平日はおそらくまばらなのではないかと思います。そうなるとデリバリースタッフを3人確保していた日でも実は2人で対応出来た、となると1人分のコストが無駄になってしまいます。

この平日の注文をまばらにするのではなく、水曜に集約しようと考えているのではないかと思います。

水曜日はドミノの日だよね、という認識を消費者に植え付けることが出来ればお得な水曜日にデリバリーを頼む人が増え、結果的にシフトの人数調整がしやすくなるのかもしれません。

そうすると今まで毎日3人のデリバリースタッフがいる所を、水曜以外は2人で対応ができるとなれば、人件費も安く抑えられます。

その方向で考えると、おそらくこのキャンペーンはずっと続けるわけではなく、消費者にドミノピザと言えば水曜だよね、という認識をさせるための広告費ですね。

実際に私もこのキャンペーンを利用してみた

2月28日(水)に私もこのキャンペーンを利用してみました。

いつもドミノピザは注文してから30分もあれば届く印象があったのですが、今回はさすがに1時間かかりました。時間も21:30に注文したので忙しい時間帯で仕方ないかなと。

・ジェノベーゼ

・炭火焼チキテリ

・エビマヨネーズ

通常価格だと6,300円がキャンペーンで2,400円(税込2,592円)とめちゃくちゃお得でした!

でも、1人で3枚は食べきれない・・

宅配ピザの保存方法と調理方法

1枚のピザが8カットされているので、3枚で24カットあるわけですが、ビールを飲みながら食べていると6カットで十分お腹がいっぱいになってしまいました。

これは困った・・

お得さに目がいってしまい食べきれるかどうかを考えていなかった・・

そこで、保存方法を調べてみると、冷めたピザをサランラップでなるべく空気の入らないようにくるむ。1-2日で食べる場合は冷蔵庫に、それ以上の場合は冷凍庫にて保管とある。

まだ冬なのでラップにくるむこともせず、常温で保管しておきました。翌日、オーブントースターにアルミホイルをひき、3分程度加熱してとろーりチーズの熱々食べごろのピザになりました!

2019年6月限定で50%還元!?
dデリバリーにエントリー&初めての注文で

最大1,500ポイントが還元されるキャンペーンを行っています!

dデリバリーに登録しキャンペーンにエントリーが必須です!



ポイントを最大にもらうには
ドミノピザで3,000円以上の注文をしましょう!

7月10-19日に1,500ポイントが付与され、8月31日まで利用できます!

*水曜の1枚買ったら2枚無料のキャンペーンとは併用できません

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
HIRO
30代前半のサラリーマンです。 人生楽しく生きる為に、文章を書くのが好きだったのでブログを始めました。 目指しているのはめっちゃニッチな情報を検索したときにヒットするブログです。 生い立ちなどの詳しいプロフィールはこちら!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バヤシのブログ , 2019 All Rights Reserved.