【glo hyper】吸いごたえ・スティックなどレビュー

嫁に長年紙タバコをやめろと言われいましたが、4月より在宅ワークがメインになった影響で家でタバコを吸うことが厳しくなりました…。

プルーム・テックプラスも持っているので、以前は紙タバコ+プルーム・テックプラスを併用し自宅ではプルーム・テックプラスがメインでしたが、やはりちょっと物足りない。

加熱式たばこであれば家で吸っていいとのお達しがあったため、glo hyperを購入!

  以前は紙たばこでないと満足できなかったのですが、今はglo hyperで十分満足できています!

家で吸っても何も文句言われないのもよいです!

さらに、やっぱりたまーに紙たばこを吸いたくなって知人から1本もらったりしますが、燃やしてる感が不味くて吸えなくなりました。

約1か月ほどでこの変化です。

それではレビューしていきます。

glo hyper グロー ハイパー ブルー 本体 製品登録可能 保証付

新品価格
¥3,100から
(2020/7/25 09:11時点)

パッケージについて

まずはパッケージ、こんな感じです!

加熱式タバコの楽しみの1つは[keikou]パッケージを開けた時の感動[/keikou]だと個人的には思っています!

ここで写真と共に紹介しようかとも思いましたが、楽しみを奪ってしまうので割愛します!

glo hyperの内蓋もオシャレになっているので、ぜひ買って見て頂ければと思います。

スポンサーリンク

本体について

本体は公式サイトによると約106gです。
ペットボトルの小さいサイズよりももうちょっと軽いくらいですかね。

意外と重いです。慣れれば気にならないですが。

加熱モード

加熱モードは通常モード(ボタンを3秒ほど押したときに振動する)とブーストモード(通常モードの振動からさらにボタンを押し続けると2度振動する)があります。

スティックによってブーストモードのほうがいいなど好みがあると思いますので、どちらも試してみるとよいと思います!

スティック比較

gloシリーズには大きく分けて2種類のスティックがあります。

neoとkentです。

neoは加熱式たばこ専用のブランド、kentは紙タバコにもある従来からのブランドです。

今回はneoのスティックについて比較したいと思います。

全6種類のスティック


glo hyperには全6種類のスティックが発売されています。

カプセル入りの4種類とカプセル無しの2種類です。

カプセル無し
・テラコッタタバコ
・フレスコメンソール

カプセル入り
・フリーズメンソール
・フローレセントシトラス
・ブリリアントベリー
・トロピカルスワール

テラコッタタバコ


一言で表すなら[keikou]もやっとしてる[/keikou]です(笑)

まず、味が温かいですね。この後に紹介するメンソール系とは全く別物です。
吸い終わりに近づくにあたり、酸味が強くなってくる‥これは何の味なんだろうと思いました…。

フレスコメンソール


一言で表すなら[keikou]チョコミント[/keikou]です!

メンソールもそこまで強くないし甘さもある、カプセルが入っていないので味の変化も少ないです。
意外と吸いやすかったですね。

フリーズメンソール


一言で表すなら[keikou]ハッカ[/keikou]です!

前述のフレスコメンソールよりもメンソール感がアップしています。
そこまでスースーしなくてもいいかなというのが個人的な感想です。

フローレセントシトラス


一言で表すなら[keikou]トイレの芳香剤[/keikou]です!

好きな人は好きなのかなぁ…私は苦手ですね。
紙タバコのメビウスオプションイエローのレモン系の香りは好きでしたが、
こちらはシトラスが強すぎて芳香剤‥。

ブリリアントベリー


一言で表すなら[keikou]ベリー系[/keikou]です!

ベリー系と表現したのは、そこまでブルーベリーではないからです(笑)
甘さも結構強い!香りを楽しめる感じですが、個人的には甘いのはあまり好きではない。
カプセルを潰すとさらに香りが芳醇になります。

トロピカルスワール


一言で表すなら[keikou]ココナッツ[/keikou]です!

カプセルを潰すとココナッツの香りが甘い、潰さなければうっすらと。
なんだかなぁ…ココナッツだなぁって感じです(笑)

結局何が吸いやすい?

色々吸ってみた結果、私はブリリアントベリーが一番吸いやすかったです。

逆に全部吸えずに捨てたものもありました。それはテラコッタタバコです。
これは唯一メンソールではないものになるのですが、gloといえばメンソールでメンソール以外はNGという理由が少しわかりました。

まとめ

glo hyper グロー ハイパー ブルー 本体 製品登録可能 保証付

新品価格
¥3,100から
(2020/7/25 09:11時点)


タバコを取り巻く問題はたくさんありますが、それでも私たち喫煙者はやめられないのも実情です・・。

パチンコ屋でも加熱式たばこなら席で吸ってOK、紙たばこは喫煙室に行かないとダメ。

居酒屋も完全分煙になったりとますます肩身が狭くなっています。

そして何よりも在宅ワークが増えて、家庭でのタバコ問題は深刻化しています。

プルームテック・プラスは嫁の隣で吸っていてもなにも言われないのですが、吸いごたえがもうちょっとほしい・・それならglo hyperをオススメします!

[kanren url="https://salaryman-knowhow.com/great-satisfaction_changed-from-cigarette-to-ploom-tech-plus/"]
スポンサーリンク
おすすめの記事