役に立ちそうな情報を様々発信

【2018年版】恋愛について学ぶならこの商材がオススメ(実体験あり)

HIRO
WRITER
 



無料で見れるサービスもありますが、気付かずにウイルスが仕込まれていることなどがあり危険!こちらはDMMが運営しているので安全・安心!



無料で見れるサービスもありますが、気付かずにウイルスが仕込まれていることなどがあり危険!こちらはDMMが運営しているので安全・安心!
この記事を書いている人 - WRITER -
HIRO
30代前半のサラリーマンです。 人生楽しく生きる為に、文章を書くのが好きだったのでブログを始めました。 目指しているのはめっちゃニッチな情報を検索したときにヒットするブログです。 生い立ちなどの詳しいプロフィールはこちら!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

今回は恋愛についてです。このテーマは私自身が過去にとても悩み・研究したものです。私の実体験を交えながらお話ししていきます。

彼女が欲しいけど、彼女が出来ないジレンマ

この記事を読んでいる方はモテてモテて彼女が5人もいるよ!なんて人では無いと思います。(そんな方は私の記事を読む時間はムダになると思いますので、閉じることをオススメ致します。)

私は今では結婚してますが、5年前は女友達もろくにおらず、いつも決まった彼女のいない男同士で飲みに行ってました。20代前半ならそれでも自分をごまかせていましたが、20代半ばになるとさすがにこのままではいけないと思い始めました。

かと言って、相談する相手もいなければ自宅に帰ればPCを開けばAVを見て解消するというループを繰り返していました。

そうして自分の感情を誤魔化していましたが、クリスマスなどのイベント時の街中を1人で歩いているとやっぱり彼女が欲しい…という気持ちが強くなりジレンマに苛まれていました。

モテない自分との決別をする

これは皆さんに当てはまるかわかりませんが、私はモテなかったにも関わらず、モテない事を自覚していませんでした。いつか彼女が出来るだろう、いざとなったら彼女の1人や2人…と根拠のない自信を持っていました。

正確に言うと、自信を持っていたというよりは、そうあるべきだという感覚、残業したから残業代もらえるのは当たり前、というような疑いようのない感覚でいたと思います。

そんな私の当時を振り返ると、
☑︎散髪は2ヶ月に1回程度でボサボサ
☑︎スーツは1着で毎日同じもの、クリーニングは出してたかな…
☑︎私服にこだわりはなく、これいつ買ったっけ?というような時代に合わないものを着ていた
☑︎肌の手入れをせず、日中は脂が浮き、ニキビが出来たら潰していた
と、今考えると恐ろしいくらい無頓着でした。

そりゃモテるわけないわ!

でも、それにすら気付いていなかったのです。

そんな私に訪れたのが、美容の会社に転職するという神様のイタズラでした。当時30人程度で平均年齢20代前半、全員女性の会社に男1人投げ込まれたのです。

美容の会社なので、社長に外見に気を遣えと言われ肌の手入れをしたり、スーツも何着か揃えたり…最初は違和感しかありませんでした。しかし、次第に髪を切るのは1ヶ月に1回じゃないと落ち着かなかったり、休日には私服を買いに行ったりと徐々に変化が生まれました。

スポンサーリンク

20年以上考えた事がなかった事

ちょうど街コンが流行り出した頃だったので参加すると、男性から声をかけられて今度合コンに誘っていい?と連絡先を教えてくれたり、自分自身だけじゃなく周りの変化も感じました。

いよいよ彼女が出来るか!?と思いきや、なかなかそう簡単にはいきません。合コンに参加してその場ではいい雰囲気だと思ってても、その後に繋がらない…一度や二度ではなく毎回です。つまり、マンツーマンの会話が苦手だったのです。

最近の曲を聴いたり、オシャレなお店を案内したり、ドラマだって観るし、服装もマシになった…それなのに会話が盛り上がらない。

てか、みんな女の子とマンツーマンで何話すの?

という状態。そりゃあ、20代半ばまで男同士とばかりつるんでいたらそうなりますよね。モテる男が女性とデートした時に何を話すのか、何を考えてるのかを私は全くわかりませんでした。

そんな時に職場に30代半ばのおじさんが入社してきました。背は170前後、ちょっとお腹が出てきてたから65kg程度?特におしゃれでもなく、お世辞にもカッコいいとは言えない人でした。それでも、私は男が1人→2人というだけでとても嬉しかったのと安心したのを覚えています。

なぜこのおじさんが出てきたかというと、女性との会話がとにかく上手かったのです。流行りなんかは確実に私の方が詳しいけど、この人は雑談で10歳以上も離れてる女性との会話を盛り上げている…衝撃的でした。

会話を勉強する唯一の方法

そこからというもの会話の勉強に打ち込みました。とは言っても、生まれも育ちも日本人の私が会話の勉強って何だろう?男同士の飲み会では当然のように会話するわけだから、女性との会話にフォーカスを当てました。

女性との会話を考える時に、そもそも女性の考え方とはどんなものかについて学びました。もちろん一人一人違うのですが、男性と女性には大きな違いがありました。それは当時女性ばかりの職場で働いていて感じた事でもあります。

その考え方をインプットし、あとはひたすら上手い人が何を話しているかを聞いてました。テレビを観ていても、職場に出入りする業者さんでも、そして一番大きかったのは実際に女性と話をしているトークを聞く事でした。

正直、私の周りには当時モテてる男性は皆無だったので、教材を買って勉強しました。ひたすら音声を聞きまくりました。通勤中から仕事で1人の時や家に帰ってからのBGMとして、そして寝ながらも流してました。1ヶ月程経つといつどんな時にどんな言葉を返せば良いのかわかってきます。ただ、デメリットとしては北海道出身なのに関西弁が不意に出てしまったことです(笑)

最終的にどうなったのか

私はひたすら勉強しました、きっとこれが英語とか簿記なら途中で辞めてたと思いますが、会話は学んでいくと面白く、ここでこんな返しするんだとかこんなトーンで言うとウケが取れるとか、技術が磨かれていく感覚でした。

この頃は女性との接点を作り自分の会話を磨きたく、合コンや街コンだけでなく、街でナンパしたり、スロットしてたらたまたま横にいた女性と話したり、きっと異常だったなと思います。

しかし、そのおかげでほぼ男友達30人程度だったlineの友達が、9割は女性で300人以上に増えました。出会いを作れる感覚になり、女性とも気軽に楽しく話せるようになりました。

いわゆるセ●レも数人いましたし、ワンナイトな出会いも多くありました。多くの女性が周りにいましたが、いい人に出会えたら付き合おう、今は遊んでいる方が楽しいし、という感覚でした。そんな絶頂時期に今の嫁に出会い、過去の女性達との関係は切り付き合い結婚しました。

恋愛に遅すぎることは無い

日々テレビのニュースでは芸能人の熱愛や不倫報道が多いのを見ると、恋愛に年齢は関係ないんだなと思います。たとえ今30代だったとしてもこれから十分に変われるチャンスはあります。

ですが、最初の一歩の行動をしないと、どんどん今のままでいいや、また今度にしようと後回しになってしまいます。そうならない為にも最後にこちらを紹介して終わりにしたいと思います。

私も過去に購入した恋愛教材の最新版です。
【特別版】美女を落とすための会話術~マインドコントロールの一歩手前まで

この著者の教材は心理学をベースにしており、会話をしながら女性を誘導していくアプローチに定評があります。私のように女性と何を話したらいいかわからない…そんな方にはぴったりの教材かと思います。

気になった方、クリックするのは待ってください!!

こちらの教材は初回アクセスから3日間経つとアクセスできなくなります。
初回アクセスから3日間だけ、1.特別価格で販売 2.教材の本文を一部公開 3.2つの特典がつく というメリットがあります。

ですので、チェックする際は時間のある時に見てみてください。3日後本当にアクセスできなくなります…。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
HIRO
30代前半のサラリーマンです。 人生楽しく生きる為に、文章を書くのが好きだったのでブログを始めました。 目指しているのはめっちゃニッチな情報を検索したときにヒットするブログです。 生い立ちなどの詳しいプロフィールはこちら!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バヤシのブログ , 2018 All Rights Reserved.