役に立ちそうな情報を様々発信

営業マンは運も味方に!今日から運を引き寄せる7つの習慣

HIRO
WRITER
 
title



無料で見れるサービスもありますが、気付かずにウイルスが仕込まれていることなどがあり危険!こちらはDMMが運営しているので安全・安心!



無料で見れるサービスもありますが、気付かずにウイルスが仕込まれていることなどがあり危険!こちらはDMMが運営しているので安全・安心!
この記事を書いている人 - WRITER -
HIRO
30代前半のサラリーマンです。 人生楽しく生きる為に、文章を書くのが好きだったのでブログを始めました。 目指しているのはめっちゃニッチな情報を検索したときにヒットするブログです。 生い立ちなどの詳しいプロフィールはこちら!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

営業をしているとラッキーだったな、運が良かったなという経験が多い人と少ない人がいます。

もしも運が目に見えてそれを集めて使えることができるのであれば、こんなに便利なことはないのですが、現実的にはそんな事ありませんね!

それでも運がいい人、運が悪い人、何が違うのか。私は10年程度のサラリーマン生活ですが、運がいいなと思っています。

その辺の経験談も交えながら進めていきたいと思います。

運がある!?私のサラリーマン生活実体験5つの事例

thumbs-up

第1のラッキー

大学卒業後に1年間フリーター生活を過ごし、地元の10人程度の小さな出版社に就職しました。

営業として2ヶ月程経った時に給与が未払いになり退職をしたのですが、その際に辞めた人が次に入った会社(そこも地元の出版社でしたが)に引っ張ってもらいました。

社会人経験も2ヶ月の何も出来ない若造だったにもかかわらず、面接で即合格を頂きました。

第2のラッキー

転職した会社も営業でした。
雑誌の広告営業でなかなか成果の出ない中、1本の問い合わせの電話を取ることができ、ゆくゆくはそのお客様が1番の優良顧客となりました。

それをきっかけに新規営業でもどんどん顧客を開拓でき売上No.1となり、当時1年半程の社歴だったにも関わらず1冊の雑誌の売上を管理する立場となりました。

第3のラッキー

当時のお客様が会社拡大に伴い本社を立ち上げるので是非うちに来て欲しいとオファーがありました。

まだ営業としても未熟だったにもかかわらず、声をかけて頂いたのも幸運でしたが、急な退職でも暖かく送り出して頂いた前職の社長にも感謝しています。

まもなく新たな会社で部長職として勤務させて頂きました。

第4のラッキー

部長職といっても50名程の会社で、社長もほぼ会社には出社せず、わからないこともたくさんありました。

まさに手探りで様々な仕組みを整えましたが、取引業者様や社労士さん、税理士さんからのフォローがあってのものでした。

のんびり仕事を出来るほど余裕もありませんでしたので、いかに仕事を早くこなせるかのチャレンジの毎日でした。
この時の経験が現職にも活きています。

第5のラッキー

30代を迎えるにあたり、結婚したい女性にも出会い今後の社会人生活を考えた時に、やはり自分には営業を極めたいと思うようになりました。

転職活動はすぐに終わり、新たなスタート。
入社して半年後に新規開拓で大口のお客様を見つけたり、既存顧客への利用促進が成果として出てきた結果、半期でトップとなり表彰されました。

その後も上位5番以内にはランクインし続ける事が出来ました。

まだまだ短いサラリーマン人生ですが、いろいろな経験をさせて頂き他社では経験できない、まさにラッキーな日々だと思っています。

運が良かったなという出来事をまとめてみましたが、よくよく考えてみると入社した会社が給与未払いになったり、転職した会社で毎日朝から終電まで働いていたり、急な転勤で地元を離れたりと良かったことばかりではありませんでした。

しかし、マイナスな面に目を向けるとネガティブになってしまうので、良かった面を見るようにするとラッキーな気持ちで過ごすことが出来ます。

運が悪い人の7つの習慣

keyboard
さて、数社転職した経験もあり様々な営業マンを見てきました。その中で、これはいけないだろ!!と突っ込まざるを得ない悪習7つを紹介します。

放ったらかす

独占的な市場でなければ必ず競合他社はいます。

見積りを提出してその後数日も放ったらかしにしていたら競合他社が価格や他のメリットを伝えて案件を取られるかもしれません。

見積り提出時にはあなたに優位性があったにも関わらず…。
放ったらかしにしてはいけませんよ!!

そもそも独占的な市場であれば営業がいなくても仕事来るんじゃないかな…

パソコンが苦手な美女

スポンサーリンク

暗いのが伝わる

私は元々根暗なタイプで人見知りもするので、誰とでも仲良くなれるというタイプではありません。

しかし、営業をする時は違います!!

なぜなら、暗い営業マンが来るより明るい営業マンの方が、こっちも元気になるし。
単純にそれだけの話なのですが、たまーに暗い人いるので注意しましょう。

ネガティブ思考

暗いに通じるところがありますが、ネガティブなのも当然NG!

営業マンに相談したら、とてつもないネガティブな人で即答で出来ないと言われたら、次は声かけたいと思えません。

出来ないかもしれないけど、頑張って努力する姿勢も必要です。
もちろん、出来ない事を出来るというのはダメ!絶対!

反応が遅い

メールや電話の折り返しが遅い営業マン…信頼を失います。午前中に来たメールを翌日の午後に返信しているようなら、一度見直した方がいいです。

即答出来ない内容もありますが、それならばその旨を伝えていつ頃までに返信するか伝えるべきです。

また、電話の折り返しが遅いのも良くないです。移動中ですぐに電話に出れない事もありますが、その場合にはSMSで連絡をするなど方法はあります。

間違う

間違う事が全くない人間なんていないですが、間違わない努力は必要です。

メールを送る前に一度読み返す、見積りを送る前に最終確認をするなど、気をつける事が必要です。

間違いはクレームの元になるので、極力ミスのない対応をしましょう。

自社商品を理解していない

自分の財布にいくら入ってるのかわからないのに買い物をしに行くようなもので、自分の会社が何を提供できるのかわかっていないのは大問題です。何が出来て何が出来ないのかをしっかり理解することは基本中の基本です。

言い訳をする

「でも」「だって」「そうは言っても」は生産性がありません。
出来ない理由に興味はないとはその通りで、相談する側は実現させないといけないというミッションがあります。
そこで言い訳をされても時間の無駄!どうやったら出来るのか、どの程度なら可能なのかを示すことが大切です。

悪口・愚痴を言う

口は災いの元、とはよく言ったもので本当にその通りです。社内での悪口は必ず誰かが聞いています。

何の気なしに言った事が上司に伝わる事だってあるので気をつけましょう。

愚痴も同じく控えた方がいいです。愚痴も悪口も聞いてる人がいい気分にはなりません。

あなたが口にした愚痴は他のみんなも思っている事だったりします。でも、他の人は我慢しているとしたら…ワガママなやつだと思われてしまいます。

スポンサーリンク

運がいい人の7つの習慣

document
私自身の経験と周りを見ていて運がいいな、運をつかんだなと思う人の行動や習慣を7つピックアップしてみました。

努力家

営業において努力が必ず数字につながるとは限りません。しかし、努力する姿を見てくれてる人は必ずいます。その姿勢に対して評価をしてくれたりチャンスを与えられることもたくさんあります。

スピードが速い

ビジネスにおいてはスピードが大切です。 見積もりのメールをして10分後に返信が来たら早い!と思いますよね。

私が営業で仕事が全然無かった頃、メールの返信のスピードを相当意識していました。

それが急ぎの仕事だろうが来週でいい仕事だろうが、すぐに返信をするというのを心がけていました。

そうすると、お客様の会社で口コミが広がります。あの営業は仕事が早いよと。

スピードが遅いとA社、B社、C社と見積もりを取られます。時間かかるなら3社くらい声かけておいて安いとこに頼もうと。ですが、圧倒的に早いとお客様も仕事が早く進むので、わざわざ3社に声をかけるのが面倒になってきます。

2社は断らないといけないし、金額だって10倍も差があるというのなら別ですが、声をかける3社なんてたいてい競合他社になる為、大きな差はないからです。

営業マンはスピードを追求するだけで、金額も必要以上に値引きすることもなく、どんどん口コミで広がるのです!

諦めない姿勢

気持ちは仕事への姿勢に大きな影響を与えます。どうせ売れないと諦める営業マンと売れる事を確信している営業マンでは、発する言葉の影響力が違います。

コールセンターに電話した事ある人なら経験あるかもしれませんが、感じのいい人悪い人様々ですよね。

あの感じの良さ悪さは仕事への姿勢の表れです。

気配りをする

気を配ると書いて気配りですが、いい気の配り方として、例えばお客様から電話で問い合わせがあった際に、後からメールでも送り文章に残すことにしています。お互いの認識違いを無くす事でミスが防げます。

また、社内へ引き継ぐ際になるべくわかりやすく表にまとめるなどちょっとした工夫であなたの評価がアップします!

穏やかに過ごす

仕事をしているとイライラする事もあると思います。

しかし、それを前面に出しても近づきにくい人だと思われてしまいます。気持ちの切り替えが大切です。

イライラした感情を引きずらない、それだけであなたにとっても、相手にとってもメリットがあります。

謙虚

仕事に慣れてきたり売り上げが上がってくる、役職が上がると謙虚さを失ってしまう人がいます。

威張っている上司のことを部下はよく見ています。売り上げが上がり傲慢になっていく営業マンを他の社員は見ています。

謙虚さを失ってしまったあなたの態度をみんなが見ています。

情報収集

早く情報を掴んだ、それだけで思わぬチャンスを得ることがあります。業種によって集めるべき情報は違いますが、日経新聞は基本だということです。

日経新聞を購読するのが一番いいのですが、どうしても難しい場合は日経のウェブサイトやTwitterで情報を集めるだけでも全然違います。

運のいい人は…

これらの行動が自分を向上させ、お客様や社内のスタッフとの関係を良くすることに繋がります。「いい人」「仕事が出来る人」「熱心な人」そんなイメージがあるだけで、ラッキーが舞い込んできます。

あなたを信頼する人がいれば、その先に舞い込んできたチャンスもあなたの元にやってきます。下記が参考のイメージになりますが、私が上手くいってるのはこのように1人馬力ではなく10人馬力、20人馬力だからだと思っております。
system

何かの勧誘で見たことのある図式ね。1人が2人ずつ勧誘すると28代目には日本の人口を上回るものね…

パソコンが苦手な美女

この記事はそういう勧誘の類ではないので安心して下さい

HIRO

運気の流れを知る

power-stone普段の姿勢が周りに認められて思わぬチャンスが舞い込んでくるというのは基本ですが、それって運じゃないじゃん!と言われてしまっては元も子もありません。

そもそも運とは何なのか、改めて調べてみると

運とは、その人の意思や努力ではどうしようもない巡り合わせを指す。 運が良いとは到底実現しそうもないことを、偶然実現させてしまうことなどを指す。
参考:wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/運

という定義のようです。

その人の意思や努力ではどうしようもない巡り合わせ…そういったものを引き寄せる強さが運の強さになるのかもしれません。

運を強くするには、運気を分けてもらう必要があるのでは?と考えると、運気=パワー、つまりパワーを分けてもらうにはどうしたらいいかを紹介します。

パワースポット巡り

ブームの去ることがないパワースポット巡り、それだけ多くの人が見えない力を欲しているのでしょうか。有名なパワースポットはみなさんご存知の伊勢神宮!天照大御神を祀っており、毎年たくさんの人が訪れていますね。日本は八百万の神々という言葉があるくらいたくさんの神様がいるようです。
パワースポットまで遠いという人は近所の神社にお参りをする、それだけでも運気が高まるかもしれませんよ!

パワーストーンを身に着ける

営業で多くの人に会うと、経営者の方はパワーストーンのブレスレットをしている人を多く目にします。
実は私も学生時代にコールセンターでアルバイトをしていた頃にブレスレットを着けていました。特にノルマがあった訳ではないですが、1日数件のアポイント獲得を目標に設定されており、不調な時に何としても獲得したいと強く願うと、不思議といいお客様にめぐり合う事がありました。

もちろん、パワーストーンのおかげなのかわかりませんが、獲得件数では常に上位に入る事が出来てました。

パワーストーンで成果が上がると苦労しないよ、という意見もとても良くわかりますが、藁をも掴む思いでというのであれば購入してみるのもいいかもしれません。

パワーストーンは女性向けのものが多く、ピンクや赤などのカワイイ色使いが多く恋愛運を高めるものなどが主流ではありますが、実は男性に特化したものもあるんです!

下記のサイトでは仕事運や人間関係、才能開花など、男性の悩みがちな問題に対する商品が揃い、色も黒・青・ゴールドの男らしい色合いが揃っています。

まとめ

mindmap
人事を尽くして天命を待つという言葉がありますが、努力をし尽くしたらあとは天に任せ自分の力の及ばないところで成否は決まる、とそういう意味ですね。
自分のできる範囲での努力を惜しんではいけません。

また、TBSで放送されていた『重版出来!』というドラマではこんな名言も出てきました。

ええこと教えちゃる

運ばためられるぞ

世の中はな足して引いてゼロになるごとできとう

生まれたときに持っているもんに差があっても

札は同じ数だけ配られよる

ええことしたら運はたまる

悪いことしたらすぐに運は減りよる

人殺しげな一巻の終わりたい

運ば見方にすりゃ

何十倍も幸せはふくれ上がりよる

問題はどこで勝ちたいかや

自分がどがんなりたかか自分の頭で考えろ

考えて考えて吐くほど考えて見極めろ

運ば使いこなせ

自分の運をどこで使うかについての名言でしたが、ドラマ内では1等の宝くじに当たった出版社の社長が運を使うべき場所はここではないと、その宝くじをヤギに食べさせていました。

どうなりたいかを考えた時に宝くじが当たった生活を望んでいなかったんですね。

目に見えない運だからこそ努力を惜しまず、そしてどうなりたいかをしっかりと考える、それが運気がアップする近道なのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
HIRO
30代前半のサラリーマンです。 人生楽しく生きる為に、文章を書くのが好きだったのでブログを始めました。 目指しているのはめっちゃニッチな情報を検索したときにヒットするブログです。 生い立ちなどの詳しいプロフィールはこちら!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バヤシのブログ , 2018 All Rights Reserved.