役に立ちそうな情報を様々発信

夜に新千歳空港に到着する際の注意点!JRの最終時間・移動手段・朝までの過ごし方

HIRO
WRITER
 



無料で見れるサービスもありますが、気付かずにウイルスが仕込まれていることなどがあり危険!こちらはDMMが運営しているので安全・安心!



無料で見れるサービスもありますが、気付かずにウイルスが仕込まれていることなどがあり危険!こちらはDMMが運営しているので安全・安心!
この記事を書いている人 - WRITER -
HIRO
30代前半のサラリーマンです。 人生楽しく生きる為に、文章を書くのが好きだったのでブログを始めました。 目指しているのはめっちゃニッチな情報を検索したときにヒットするブログです。 生い立ちなどの詳しいプロフィールはこちら!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

新元号に伴う10連休で北海道に帰省してきました。

今回は飛行機を取るのが遅く、ジェットスターなどの格安航空よりもスカイマークの方が安く往復が出来ました。

ただ、安い時間帯の飛行機だと色々と注意が必要な点がありますのでまとめてみました。

新千歳空港に夜に着き最終のJRに乗れる飛行機は?

今回私はスカイマークのSKY731便、羽田21:00発→新千歳空港22:35着の便に乗りました。

新千歳空港から札幌駅行きのJRは最終が22:53なので、この便がギリギリになります!

飛行機の到着を待ってからJRの接続をしてくれるので、若干は待ってくれます。

私がGWに帰省した際は7分程待ってくれました。

JRの接続をスムーズにするために注意すること

座席は前方の通路側の席を選ぶこと

当然前方の方が早く飛行機の外に出られます!

また、景色を見たくて窓側を選ぶ人も多いと思いますが、隣の人がもたもたしているとなかなか出られませんので、通路側の席に座りましょう!

②荷物の預け入れはしないこと

時間がない時に預け入れた荷物を待つのは相当なタイムロスになります!

預け入れて荷物を待つ時間が終電を過ぎてしまう可能性は十分にありますので、最終のJRに乗りたいのであれば手荷物の預け入れは厳禁です!

機内持ち込み出来る範囲でまとめておきましょう!

終電に乗れなかった場合は?

スカイマークのSKY733便、羽田21:30発の便もありますが、その日中に札幌に行き遊びたい!という場合にはこの便では最終のJRがありません!

その場合の選択肢は3つあります。

①タクシーで札幌まで行く

定額で新千歳空港→札幌まで行く方法があります。

推奨はMKタクシーです。

MKタクシーのHPを見ると新千歳空港→すすきのまでであれば4名で8,000円(*高速代別途1,300円程度、22時以降は割増2割)のようです。

2人だとちょっと高いですが、4人であれば1人当たり2,800円程なので選択肢としてはアリだと思います!

新千歳空港→札幌への予約は2時間前までなので、飛行機に乗る前に必ず予約をしましょう!

②新千歳空港温泉に泊まる

急いで札幌に帰る必要がないのであれば、新千歳空港温泉に泊まるという方法もあります!

客室もあるのでベッドに寝てゆっくり疲れを取りたいという場合は事前に予約をする必要がありそうですが、朝まで過ごすだけなのであれば入館料1,500円+深夜料金1,500円の3,000円で利用することができ、朝食がサービスになります!

タクシーよりはお得ですし、温泉にも入れて朝食も食べられるのであれば選択肢としてアリですね!

③近くのビジネスホテルに泊まる

とにかくゆっくり寝たいという人はビジネスホテルへ宿泊しましょう!

当日の予約だと金額は結構かかります。

2人でタクシーで札幌に帰るよりも金額はかかり、時期にもよりますが2名1室で1人10,000円程度は覚悟しておきましょう。

空港直結のホテルよりも千歳駅付近のホテルの方が若干安いですが、移動のタクシー代を考えるとそんなに変わらないかも?しれませんね…。

まとめ

安い飛行機を選ぶとどうしても朝早く・夜遅くになってしまうことがあり、交通機関を把握しておかないと思わぬ出費になることが多くあります。

私も過去に何度も痛い目にあいました…。

しっかりと準備をしていい旅をしてください!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
HIRO
30代前半のサラリーマンです。 人生楽しく生きる為に、文章を書くのが好きだったのでブログを始めました。 目指しているのはめっちゃニッチな情報を検索したときにヒットするブログです。 生い立ちなどの詳しいプロフィールはこちら!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バヤシのブログ , 2019 All Rights Reserved.