役に立ちそうな情報を様々発信

年賀状が安いのはどこ?ネット印刷やカメラ屋の年賀状サービスを比較

HIRO
WRITER
 
new-year-cards



無料で見れるサービスもありますが、気付かずにウイルスが仕込まれていることなどがあり危険!こちらはDMMが運営しているので安全・安心!



無料で見れるサービスもありますが、気付かずにウイルスが仕込まれていることなどがあり危険!こちらはDMMが運営しているので安全・安心!
この記事を書いている人 - WRITER -
HIRO
30代前半のサラリーマンです。 人生楽しく生きる為に、文章を書くのが好きだったのでブログを始めました。 目指しているのはめっちゃニッチな情報を検索したときにヒットするブログです。 生い立ちなどの詳しいプロフィールはこちら!
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

年末が近くなってくると仕事も忙しくなってきますが、同時に年末年始の準備もしないといけないですね。

年末年始は財布のひもが緩んでしまい、ついつい無駄遣いをしてしまいます。

そんな年末年始の出費の1つで、

実は結構お金がかかる年賀状‥

出す枚数にもよりますが、年末近くなって慌てて作成すると

スピード料金が加算

されたり、

宛名印刷まで全てお任せ

すると

平気で1万円

は飛んでいることもあります。

今回は山ほどある年賀状サービスの中で、

印刷会社で働いていた私だから選べる

特徴別にオススメできる会社を紹介します!

特徴別年賀状サービスを紹介

年賀状を作ろうと思った時には電気屋さんやショッピングセンターにある写真屋さん、もしくはネットプリントなどで注文することが多いのではないでしょうか。

対面での発注で全国にある有名な

カメラのキタムラ

をみてみると

イラスト年賀状
40枚 印刷代4,350円+送料440円+年賀はがき2,520円(63円×40枚)=7,310円
12/4までなら 印刷代3,915円+送料0円+年賀はがき2,520円(63円×40枚)=6,435円
宛名印刷 30円/枚 ×40枚=1,200円

40枚で8,510円(12/4までなら7,635円)

メリット
☑宛名印刷が無ければプリンターが設置されている店舗であれば、最短1時間での受け取りが可能
☑年末ギリギリに作成する場合は強い
デメリット
☑ネット印刷に比べると金額が高い
☑宛名印刷は別途金額がかかり、納期も追加になる

宛名印刷をする場合は約4日かかるので、ネット印刷と納期も同じくらいで金額が高いです。

とにかく安く作りたいなら『おたより本舗』

安さにこだわりたい!!という節約志向であればおたより本舗がオススメ!



なんと4年間連続でネットでの注文件数全国第1位!

その理由を調べてたところ安さだけでなくメリットもたくさんあります!

紹介していきます!

安いのにめっちゃ早い!

印刷業界で働いていたからわかりますが、

昼12時までの注文で宛名印刷が無ければ

即日出荷してくれます!

めっちゃ早いです・・びっくりしました。

最後に書いてますが、金額も安いのにこんなことあっていいの?というくらいです。

基本中の基本、送料・宛名印刷無料!

ネット印刷では基本になりつつありますが、

送料・宛名印刷無料です!

宛名印刷は1件ずつ手入力するか、既にExcelなどで管理しているのであれば、

おたより本舗のテンプレートにコピーするだけでOK!

もちろん、プレビューも表示できるのでしっかり確認して印刷を注文できます。

印刷だけでなく投函も無料!

宛名印刷無料、送料無料、出荷が早いなど特徴がありますが、

さらに、投函まで無料です!!

特に一言添えることもなく投函する場合もあるかと思いますが、

無料で投函までしてくれます!

意外とありがたいサービスだなと思いました。

これは凄い!はがき代が安い

年賀状が意外と高い理由の1つにはがき代があります。

今年の増税で62円→63円に上がりましたね。

枚数を作れば作るほど、1枚63円が意外とイタイ金額に・・

100枚なら6,300円ですからね。

このはがき代はどこの会社で年賀状を作っても63円なのですが、

なんとおたより本舗では

1枚58円

なんです!!!

これは私が印刷業界で働いていたから驚くことかもしれませんが、

はがきは印刷会社も63円で買って、63円で売ってるので利益にはなりません。

しかし、おたより本舗では58円にて提供しているので、普通であれば損してしまいます。

何かからくりがあるのか、実は超大量に年賀状を買うと安くなるのか、理由はわかりませんが、私たちが安くなるのであればありがたいですね!

同業他社との比較

ネット印刷と言えばCMもやっているラクスルやプリントパックが浮かぶ人も多いはず。

調べたところ、ラクスルは年賀状をやっていないですね。

プリントパックは取り扱いありますので、比較してみましょう!

ちなみに、私は昨年プリントパックで年賀状を作りました
40枚作成の場合 おたより本舗 プリントパック
印刷代(税込) 4,290円 4,180円
ハガキ代 2,320円 2,520円
合計 6,610円 6,700円
80枚の場合 おたより本舗 プリントパック
印刷代(税込) 6,177円 7,030円
ハガキ代 4,640円 5,040円
合計 10,817円 12,070円
120枚の場合 おたより本舗 プリントパック
印刷代(税込) 7,679円 9,790円
ハガキ代 6,960円 7,560円
合計 14,639円 17,350円

 

なんと、おたより本舗の方が安い!!

ぶっちゃけ、印刷業界の認識でいくと

値段ではプリントパック最強と思っていたので、びっくりです!

安く年賀状を作りたいならおたより本舗一択と言っても過言ではないですね!



スポンサーリンク

デザインにこだわりたいなら『年賀家族2020』

こだわりの年賀状を出したいという個性派のあなたには

『年賀家族2020』がオススメ!

まず、年賀家族2020では用紙を3種類から選べます。

どういう事かというと、多くの年賀状印刷は年賀はがきに直接印刷をするのですが、

この年賀家族2020は

用紙に印刷してから年賀はがきに貼り合わせる

という作り方をしています!

当然ですが、年賀はがきにダイレクトに印刷するよりも

手間がかかる分コストもアップする

のですが、

年賀家族2020では驚きの低価格にて提供してくれています!

まぁ、この辺はネット印刷ならではだなと思います。

価格については後ほど紹介しますが、まずは年賀家族2020の特徴から紹介!

選べる3種類の用紙について

追加料金なしで用紙を3種類から選べます。

☑フォトプリントペーパー

写真付き年賀状で厚めのツヤのあるタイプの年賀状の用紙です。

自宅のプリンターではなく、どこかに頼んで印刷してもらうタイプですね。

おそらく一度はもらったことのあるタイプの用紙です。

よく子供の写真や家族みんなの写真が写っていたりしますね。

☑ナチュラルペーパー

フォトプリントペーパーはボールペンなどで書き込みが難しいですが、

このナチュラルペーパーは表面に塗工されていないので書き込みができます。

マット系の質感でイラストも写真もそれなりにキレイに仕上がります!

☑パールリッチペーパー

用紙自体がパールで輝きのある紙です。

結婚式やクリスマスなど華やかな場面で使われることのある用紙ですね。

年賀状ではあまり目にしたことはありませんが、

黄色系の色を印刷するとゴールドのような輝きが出るので、

デザインによっては面白い感じになりますね!

上記3種の用紙を選べますが、

特に書き込みをしないのであれば

☑フォトプリントペーパー

メッセージを書き込むのが多いのなら

☑ナチュラルペーパー

インパクトのあるものを作りたいなら

☑パールリッチペーパー

がいいかなと思います!

特徴的な3つのデザインについて

年賀家族2020は他社にない3つのデザイン手法を取り入れています。

☑ナジーム

☑HAKU

☑PINK

それぞれご紹介します。

ナジームについて

一言でいうと

年賀状のデザインに写真が自然に馴染む

写真加工の技術です。

デザインの雰囲気に合わせて写真を自動的に加工してくれます。

デザイナーがデザインしたかのような年賀状が簡単に作れます!

HAKUについて

こちらは箔押しの年賀状になります。

通常箔押しは型代などがかかり高価になるので、

年賀状で箔押しはあまりしないと思います。

ですが、

箔押しは一気に豪華な雰囲気になるので

インパクト重視ならいいと思います!

なお、印刷料金が180円/枚と若干高くなります。

PINKについて

その名の通りPINKで印刷します(笑)

普通じゃんと思われるかもしれませんが、

通常印刷はCMYK(シアン・マゼンダ・イエロー・ブラック)の4色の配分で色を表現するのですが、

こちらのPINKは特色インクを使っています。

特色インクとはCMYKのかけ合わせでは再現できない色の為に専用で作られたインクです。

通常のCMYKのかけ合わせのピンクとは違い、色鮮やかな蛍光色のピンク色を再現できるのがこのPINKになります!

PINKにすることで一気に可愛い年賀状が作れますね!

スポンサーリンク

気になる金額について

これだけ特徴があるとナジームもHAKUもPINKもどれも試してみたい!

と思いませんか?私は思います(笑)

一般的な年賀状の会社では1つのデザインで50枚とか100枚作り、みんなに同じものを送る

というのが普通です。

しかし、この年賀家族2020の凄いところは

ナジームで20枚、HAKUで20枚、PINKで20枚

というように

1回の注文で20デザインまで同時注文が可能です!

言ってしまえば、20デザインを各5枚ずつ作り、

このデザインは友達に、このデザインは親戚に・・

というようにデザインごとに送る相手を選ぶことが出来ます!

送る方ももらう方も楽しいですね!

このような楽しみ方のできる年賀家族2020の料金ですが、

基本料金+印刷料金+年賀はがき代 となっています。

20枚印刷の場合
●基本料金
5,500円(11月12日(火)PM4:00までのキャンペーン価格)

●印刷代
85円/枚×20枚=1,700円
*HAKUのみ180円/枚

■基本料金と印刷代の合計
7,200円(税込7,920円)

●年賀はがき
63円×20枚=1,260円

■合計金額
9,180円(税込)

となっています。

先程もお伝えしましたが、

1回の注文で20デザインまで同時注文OK!追加料金なし!

となっており、

他社では1デザインで基本料金が1回分かかることが多いので、

☑たくさんのデザインで作りたい

☑送る人によってデザインを変えたい

という場合にはお得に作成できます!

さらに、お伝えし忘れていましたが

宛名印刷無料

となっています!

また、万が一仕上がりに満足できない場合には

無料で再印刷を保証している

というこだわりようです。



まとめ

年賀状を安く作りたいのか、こだわって作りたいのか、それにより印刷する会社を選んだほうがいいですね!

是非、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
HIRO
30代前半のサラリーマンです。 人生楽しく生きる為に、文章を書くのが好きだったのでブログを始めました。 目指しているのはめっちゃニッチな情報を検索したときにヒットするブログです。 生い立ちなどの詳しいプロフィールはこちら!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バヤシのブログ , 2019 All Rights Reserved.