PayPayユーザーならヤフーカードを作るべき3つの理由

2021年3月28日は『超PayPay祭』の最終日でしたね…。
この約1ヶ月でお得に買い物が出来たので、PayPayロス状態です…。

そんな圧倒的PayPayユーザーの私ですが、この度ヤフーカードを発行しました。
その理由は3つの特典があるからです!

  1. Tカード一体型でTポイントが貯まる
  2. PayPayの特典を受けられる唯一のカード
  3. カード入会特典にメリットが多い

PayPayユーザーなら上記3つの特典はメリットが多いので、ヤフーカードを作るべき理由について解説したいと思います。

メリット①Tカード一体型でTポイントが貯まる

ポイントカードをなるべく持ち歩きたくない私にとって、Tカード一体型は嬉しいポイントです!
PayPayにヤフーカードを登録して、Tカードを連携することによって、PayPayの決済画面から簡単にモバイルTカードを表示することが出来ます!

注意点として、PayPayで表示できるのは「Tカード」ではなく「モバイルTカード」となります。

「Tカード」…従来のカード型
「モバイルTカード」…スマホアプリ(この記事ではPayPay)に登録したTカード

これ、何が違うの?と思うかもしれませんが、
「Tカード」に対応しているお店≠「モバイルTカード」に対応しているお店
ということです。

「モバイルTカード」に対応&PayPayが利用できるお店は限られています。
代表的なお店は

  • ファミリーマート
  • ウェルシア

となります。

私は近所のウェルシアで日常的に買い物をして、仕事ではファミリーマートでお茶を買うので、今まで貯めていなかったTポイントが貯まることでお得になります。

「Tカード」を持ち歩いていない私にとっては、PayPayで「モバイルTカード」を表示できてポイントが貯まるのは大きなメリットとなりました。

もちろん、現金での支払いでもTポイントは貯まります。その際もカードを持ち歩かず、PayPayからモバイルTカードを表示して、現金で支払えばよいだけです!

スポンサーリンク

メリット②PayPayの特典を受けられる唯一のカード

PayPayにはクレジットカードが登録できます。
私は初期の頃に普段利用しているエポスカードを登録して、PayPay経由でエポスカードから支払いを行っていました。
実は、ヤフーカード以外を連携させる使い方は損をしています!

なぜなら、PayPayでヤフーカード以外のクレジットカードで決済した場合は還元がされないからです!

例えば、2021年3月28日は『超PayPay祭』最終日でしたが、
対象店舗どこでも最大30%付与 ※ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら最大2,000円相当戻ってくる
というキャンペーンが行われています。

この対象となる支払方法が

  • PayPay残高
  • ヤフーカード
  • PayPayあと払い

となっています。

つまり、ヤフーカード以外のカード決済は対象外となります!

仮に5,000円をヤフーカードで決済すると30%の1,500円戻ってきたところが、他のクレジットカードでの決済になると1円も戻ってきません…。

『超PayPay祭』は2021年3月28日で終了しましたが、おそらく今後も定期的にキャンペーンが開催されるでしょう。
その際に、数%が還元されるのか、何も還元されないのでは大きな差があります!

そのため、PayPayをメインで利用するのであれば、ヤフーカードを発行するべきだと私は考えます。

PayPayにチャージが出来る唯一のカード

先程もお伝えしましたが、PayPayは対象となる支払方法により還元されます。

その方法は

  • PayPay残高
  • ヤフーカード
  • PayPayあと払い

となります。

PayPay残高にチャージする方法は3つあります。

  • セブンイレブンATMからの入金
  • 銀行口座からの入金
  • ヤフーカードからのチャージ

です。

多くの方は銀行口座から入金しているのではないでしょうか。
必要に応じて銀行口座から入金して、PayPayで支払うという最も一般的な使い方です。

しかし、銀行口座のみの連携だけでは

  • 銀行口座の残高では足りない場合
  • 銀行側の不具合でチャージが出来ない場合
  • 銀行により時間帯によってはチャージできない場合がある

ということがあります。
その際には普段使っているクレジットカードで決済すると思います。

PayPayでヤフーカード以外のクレジットカードで決済しても何も還元されません。

もしもPayPayにヤフーカードを連携しておけば、0.5~1.5%還元されるので、仮に100,000円のものを買う場合には500~1,500円還元されます。
大きな額ではないですが、ランチ1回分くらいにはなります。

PayPayにヤフーカードを登録しておくと…
  • クレジットカードからチャージが可能
  • PayPayからのクレジット決済でも0.5~1.5%還元される

メリット③カード入会特典にメリットが多い

ヤフーカードは発行するとPayPay残高をもらえるキャンペーンが開催されています。

※2021年4月5日現在※
ヤフーカードの発行で最大7,000円相当のPayPayボーナスをもらえます!
もちろん、年会費永年無料なので発行して損することはありません。
詳しくは公式サイトをチェック

ヤフーカードは年会費が永年無料なので、PayPay残高をもらうためだけに発行するのも全然アリです!
と言いつつ、実際に発行したらPayPayと連携させて支払いで使うことが多くなると思いますが…。

とにかく、このPayPay残高がもらえるキャンペーンというのはお得なので、発行を考えているのであればこのキャンペーンを見逃さないようにしましょう!

まとめ

ヤフーカードの発行には3つの特典があります。

  1. Tカード一体型でTポイントが貯まる
  2. PayPayの特典を受けられる唯一のカード
  3. カード入会特典にメリットが多い

LINE PayとPayPayが統合して、オンライン決済プラットフォームとしては日本最大級になりました。
PayPayもヤフージャパンもソフトバンクグループなので、圧倒的な財力とマーケティング力で市場を取りに行くと思われます。

最近だとジャパンネット銀行がPayPay銀行になり、ヤフーカードもPayPayカードと名称変更が予定されています。

つまり、PayPay絡みのキャンペーンが今後もっと増えていくと予想されます。
私たちユーザーはこの大きな波にいち早く乗っておくと得することが出来るというわけです!

また、PayPayユーザーであればスマホはY!mobileにしておくと還元率が高くなるキャンペーンなどもありますので、気になる方は下記の記事もチェックしてみて下さい!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事